アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ランニング」のブログ記事

みんなの「ランニング」ブログ


サロマ湖ウルトラ フィニッシュシーン動画

2010/10/07 01:57
昨日ふとサロマ湖100kmウルトラマラソンの公式HPを見ましたところ、全完走者のフィニッシュシーンの動画が公開されていました。

白鳥の羽ばたきをどこかで見られるかも?(笑)
記事へトラックバック 0 / コメント 3


村岡ダブルフルウルトラランニング出場レポート

2010/10/03 19:50
9月26日に開催された「村岡ダブルフルウルトラランニング」に出場しました。

6月にサロマ湖ウルトラマラソンに出場してウルトラの楽しさを知り、ネットで近場のウルトラの大会を探して見つけたのがこの村岡ダブルフル。
何でも登り総高低差2550mという国内トップクラスの過酷なウルトラとのことで、「これはぜひ走っとかねば!」と参加を決意した次第です。
ドM街道まっしぐらですね(笑)

前日に現地入りして受付を済ませ、会場から車で30分ほどのホテルに宿泊。
ゼッケンに名前を書く欄があったので、分かりやすい名前を書いておきました(^ ^)

当日は夜中の3時にホテルを出発してスタート会場へ。

会場で着替えてエイドステーションへ送る荷物を預け、あとはスタートを待つばかり…となったところでなんと雨が!
天気予報では曇になっていたのに…
軒先で雨を凌いでいたところ、八代亜紀さんの仮装をしたランナーの方がラジカセで「雨の慕情」を流しているのを見て思わず吹いてしまいました(笑)
そのセンス、最高です(^ ^)

そして迎えた午前5時。
いよいよ100kmマラソンのスタートです!

スタートする頃には小雨になっていて、しばらく走るうちに雨が上がりました。
曇り空でかなり涼しく、走るのにちょうど良い気候だったと思います。

序盤から緩やかな上りが続きますが、白鳥はゆっくりながらも着実に足を進めます(^ ^)

景色の開けた場所に出ると、村岡を囲む山々を眺めることができました。

約20km地点まではハチ北高原へ向けて上っていき、ここから5kmほどでスキー場の民宿街を一気に駆け下りていきます。
結構急な下り坂で自然とスピードが乗るのですが、ペースを上げすぎて序盤から疲労を溜めるわけにはいきません。
かと言ってブレーキを掛けながら走ったのでは膝への負担が大きくなるし、どうしたものかと悩みながらほどほどのペースで走りました。

その後もアップダウンを繰り返すコースをひたすら走り続けます。
40km付近のエイドでは流し素麺があったのでガッツリいただいてきました。
エイドごとにいろんな食べ物があるのも村岡ダブルフルの魅力ですね(^ ^)

また、37〜43km区間は折り返しコースになっていて、すれ違うランナー達と声を掛け合いながら走りました。
困難を共にする仲間達と励まし合いながら走るのって楽しいですね〜(^ ^)

そして第1関門(43.4km地点)を通過。
制限時間6時間に対し通過タイムは4時間30分でした。
ここまではサロマの時と同じ位の順調なペースで進めています。

しかし、ここから村岡ダブルフルにおける最大の難関が待ち構えています。

44km〜52km地点の間、蘇武岳の高低差800m弱を駆け上がらなければなりません。
既に40km以上走ってきた足にはかなりキツいです。
ここが正念場と気合いを入れて突撃してみましたが、いかほども進まないうちにあえなく挫折。
立ちはだかる上り坂に堪えきれず、しばらく歩くことになりました。
…「しばらく」どころか約7kmのほぼ全区間で歩いてたような気がしますが(笑)

蘇武岳へ登り始めてしばらくの所で滝を発見。癒されますなぁ(^ ^)
写真には撮っていませんが、この村岡では他にも何ヶ所かで綺麗な渓谷の風景を楽しめました。

蘇武の坂道をひたすら上り続けます。
勾配が少し緩い場所では少し駆け足で進みましたが、ほとんどずっと歩いてました。

厳しい上りでしたが、沿道に立てられた参加者一人一人への応援メッセージが心を奮い立たせてくれます。
私への応援メッセージも発見!ありがたいですね〜(^ ^)

坂を上っている間に、同じく香川県から参加されていた方から声を掛けていただきました。
2月の海部川風流マラソンにも出場されていて、その時にも白鳥を目撃していたとのこと。
こういった出会いって嬉しいですよね。これだからコスプレランはやめられません(^ ^)
これからも白鳥で走り続けますよ〜!

こうして少しずつ足を進め、ようやく第2関門(51.5km地点)の蘇武展望台に到着!
ここでのタイムは6時間03分(制限時間7時間)。一気に余裕が減りました(^ ^;

展望台から見渡す山々の風景は素晴らしいです(^ ^)
しかし「あの山をぐるっと回って麓へ帰らないといけないんだなぁ」と思った途端、一気に現実に引き戻されました(笑)
まだまだ先は長いのぅ…

蘇武岳の峠を越えてからは、多少アップダウンしつつ15km近く下りが続きます。
上りでの遅れを少しでも取り戻すべく、6分/km程度のペースで駆け下りていきました。

その後3kmほど(66〜69km区間)再び上りが続き(やっぱり歩いてます^ ^;)、そして約5kmで高低差500mを下っていきます。
下り道も長く続いて勾配もキツいと足にダメージが来ますね〜
下りきった先にある第3関門(73.3km)のエイドステーションに到着する頃には、すっかり足がガタガタになっていました。
到着タイムは8時間55分(制限時間10時間)。ほとんど取り返せてませんね(笑)

第3関門のエイドステーション(射添会館)では、スタートで預けた荷物を受け取ることができます。
バンテリンを足に塗り、ソイジョイを食べ、メダリストでアミノ酸とクエン酸を摂り、ボトルポーチのドリンクを補充。
ここで10分ほど休憩しました。
足が疲労で痛くなっていたので出発前にストレッチをしようとしたら、ハムストリングスが攣りそうになって焦りました(^ ^;

射添会館を出発してすぐの所に長楽寺というお寺があり、本堂の中もコースになっていました。

本堂の中に休憩所があってお茶とおはぎが振る舞われていたのですが、直前に固形物を食べたばかりだったのでお茶だけをいただくことにしました。
そして長楽寺を出発するとそこにはすぐに上り坂が。5km以上上りが続いて結局歩きとジョグの繰り返しです。
どうせ走れないならおはぎ食べておけば良かった…

それから7kmほど(81〜88km区間)下りが続き、そこから3kmはほぼフラットな道で6分〜6分半/kmのペースを維持。
残り10kmを切って第4関門(91.2km地点)に到着しました。
タイムは11時間30分(制限時間12時間30分)。
この時点で完走をほぼ確信していたのですが、足もかなりボロボロなので油断は禁物です。
ラスト9km精一杯頑張るぞ!

ここから待ち受けるのは最後の難関、一二(ほい)峠。
家族でウォーキングに参加していた子供達から白鳥へのエールを貰いつつ、ド根性で坂道を上って(歩いて^ ^;)いきました。
エールを貰うと笑顔で羽ばたくのが白鳥の習性です(^ ^)

峠を越えてラスト5kmはただゴールに向かって下るだけ。
残った力を振り絞り、6分弱/kmのペースでひたすら走り続けます。
ゴール直前では地元の方々のほか先にゴールしていた皆さんからも声を掛けていただき、最後の最後まで駆け抜ける力をいただきました。

そして遂に100kmを走りきり、羽ばたきながら12時間44分03秒でゴール!
白鳥のヘタリ具合は疲れを物語っているのでしょうか(笑)

ゴール後、途中で声を掛けていただいた香川県からの方と再びお会いでき、互いの健闘を称え合いました(^ ^)
また、地元の皆さんに「村岡鍋」を振る舞っていただき、温かいお汁が五臓六腑に染み渡りました。
ありがたや〜(^ ^)

今回はサロマの時と比べて格段に涼しく、足はズタボロでしたが体力的には比較的余裕を持って走れました。
…と思っていたのですが、気づかないうちに結構消耗していたらしく、ゴール後は水分補給しても胃腸が吸収せずほとんど下から出ていってしまう状態でした(^ ^;
おかげで水分不足のため体温調整がうまくできず、しばらく寒気でガタガタ震える有様。
やっぱりウルトラは甘くないですね〜

村岡ダブルフル、噂に違わぬ過酷なコースでしたが、充実したエイドや沿道の応援など地元の皆様のおもてなしの心が随所に感じられ、苦しくも楽しく走ることができました。
大会の運営にご尽力いただいたスタッフやボランティアの皆様、地元の皆様、共に苦難を乗り越えたランナーの皆様、本当にお疲れ様&ありがとうございました!
来年もぜひまた出場したいと思います(^ ^)
今度はエイド別給食の全種類制覇も目指したいですね(笑)

<コース図>

<高低差>
こうして改めて見るとやっぱり激しいですね〜

さて、次の大会は10月17日の四万十ウルトラマラソンです。
中3週間で立て続けに100kmを走るので調整が難しそうですが、当日までにキッチリ仕上げたいと思います(^ ^)
記事へトラックバック 0 / コメント 3


村岡ダブルフルウルトラランニング結果速報

2010/09/26 19:15
本日開催された「村岡ダブルフルウルトラランニング」の100kmの部に出場しました。
ひとまず結果速報をば〜

タイム:12時間44分03秒(速報値)

無事制限時間内(14時間)に完走できました!(^ ^)
気候は涼しかったのですが、かなり過酷なコースでした。
おかげで足がボロボロのポンコツ状態です(笑)
とにかく疲れたので、今夜は眠るように死にます…

って、その前に無事高松に帰れるか心配ですね(^ ^;
これから現地を出発するところですが、いかにATとはいえ運転は難儀です…
記事へトラックバック 0 / コメント 2


二度目のウルトラマラソン挑戦

2010/09/25 18:45
明日、兵庫県の村岡で開催される「村岡ダブルフルウルトラランニング」の100kmの部に出場します。
6月のサロマ湖以来、2度目のウルトラチャレンジです。
高低差が大きいコースの上トレーニング不足なので完走できるか不安ですが、気合いで羽ばたいてきます!(^ ^)

写真は使い回しです(笑)
記事へトラックバック / コメント


石鎚山トレイルラン

2010/08/23 01:56
某BBQレポート後編は今しばらく「ム○ューダ」と一緒に眠っていてもらうとして…(^ ^;

暑い毎日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は先週水曜に休暇をとり、徳島に帰省していた親友Eさんとともに石鎚山へ走りに行ってきました。
去年の夏は2人で滝修行に行きましたが、今年は今後の大会へ向けてトレイルランのトレーニングです。
去年よりネタ成分が乏しいのはご容赦ください(笑)

さて、石鎚山は標高1982m、西日本最高峰の霊山です。
山頂への主なアクセスは、北嶺からロープウェイで上って登山道を歩くルートと、南から石鎚スカイラインで土小屋まで行って登山道を歩くルートがあります。
今回私達はトレーニングのためにやって来たので、北嶺から「ロープウェイを使わずに」走って登るルートを選択しました。我ながらマ○いですねぇ(笑)

というわけで、西之川のロープウェイ乗り場駐車場に車を停め、走る準備を整えてランニングスタート!
ロープウェイ乗り場をスルーして、その先にある登山道に入り山頂へとひた走ります。

今回のランでは先日購入したシングルトラックを履いて走りました。
初めて試しましたが、トレランシューズと言っても軽量タイプなので違和感なく走りやすかったです。
靴底が頑丈で石を踏んでも何ともないので安心感がありますね。

最初はジョグより少し遅いくらいのペースで登っていたものの、延々と続く急坂に息が切れ途中からほとんど走れなくなってしまいました。
走れそうな所ではペースを上げたりしましたが、実質早歩きの登山という状態です(^ ^;

こうしてヒーコラ言いながら藪の深い登山道を進んでおりますと、突然道のど真ん中に蛇(多分マムシ)が出現!
本気(と書いてマジ)でビビってしまい、身を翻して来た道を一目散に逃走しました(笑)
追い払う棒を拾ってしばし葛藤の後、意を決して蛇のいた場所へ突撃すると、蛇はもうどこかへ姿を消していました。
あー、怖かった…

ヘロヘロになりながらも山上側のロープウェイ乗り場に到着し、ここで一休み。
ハイドレーションのドリンクをかなり消費していたので、自販機でドリンクを買って補充します。
西之川からここまででちょうど5km。ここから山頂までの距離も約5km。先は長いのぅ…

休憩を終え山頂を目指してリスタート。
ここからの登山道は道幅に余裕があり、階段や砂利敷き等の整備が行き届いています。

おおっと危ない!油断してると怪我するぜ!
衝撃の決定的瞬間を激写?

山頂までの間に4箇所の鎖場があり、最初にある「試しの鎖」に到着。
写真では勾配が伝わりにくいと思いますが、結構急な斜面が立ちはだかっています。

迂回して登山道を進むこともできるのですが、せっかくなので鎖場にチャレンジ。
手でしっかり鎖を握り、足を岩に掛けながら慎重に登っていきました。
途中足を掛けられそうな場所が見あたらなかったり、岩が濡れていて滑る箇所もありましたが、気をつけていればそうそう落ちることはないと思います。
落ちたら確実に死にそうですが(笑)

鎖を登りきって岩場に立つと、360°見渡す限りの大パノラマが広がっていました。
素晴らしい絶景ですが…怖ぇえーー!!
自分が高所恐怖症だってこと忘れてた…(^ ^;

恐怖に足を震わせながら記念撮影。

そして岩場の反対側を鎖を使って下りていきます。
足下が見えにくいので、地味に下りの方がやっかいですね〜
これまた落ちたら確実に死にそうです。

その後の3箇所の鎖場は面倒なので全部迂回して進んでいきました(笑)
後から知ったのですが、4つある鎖場のうち我々が上った場所が一番高くて(74m)急勾配だそうです。
どこが「試し」やねん!騙された〜!(他は「一の鎖」「二の鎖」「三の鎖」)

そして登山道をひたすら進み、ついに山頂に到着!

石鎚神社へもお参りします。

ちょうど愛媛県の高校の陸上部が合同トレーニング(合宿かな?)をしていたらしく、たくさんの高校生が山頂で休憩していました。
みんな顔を合わせるたびに「こんにちは!」と元気に挨拶してくれます。
うむ、礼儀正しく元気があってよろしい!(^ ^)
忘れていたピュアな気持ちを取り戻し、私達も爽やかに(?)挨拶を返すのでした。

ところで、正確には石鎚山の山頂は100mほど進んだ天狗岳の方なのですが(石鎚神社があるのは弥山)、道が無くて岩場を上るしかなく、霧も掛かって危険なのでやめておきました。
…すみません、嘘です。単に知らなかっただけです(^ ^;
走れるような場所ではありませんが、次に行く機会があれば記念に天狗岳まで行ってみたいと思います。

神社前の広場でおにぎりを食べてエネルギー補給した後、あまり長居せず山頂を出発しました。
この時点で4時半近くだったので帰りはロープウェイを使うつもりだったのですが、のんびりしていると最終便に間に合わないかもしれません。
というわけで、来た道をちゃっちゃか引き返して(試しの鎖は当然迂回)ロープウェイ乗り場へ。
最終便の1つ前の便に乗り、景色を見て自分たちの足で登ってきた高さを実感しながらロープウェイで下っていきました。

こうして石鎚山でのトレイルラン約15kmを無事に終えました。
剣山を走ったときより上りがキツくてかなり堪えましたね〜。
その日の晩はEさんと飲みに行ったのですが、ビールが最高に美味しかったことは言うまでもありません(笑)

<コース図>
緑のマークがスタート地点で赤いマークがゴール地点。
ちょうどマークを結んだ直線がロープウェイになります。

<高低図>
西之川からロープウェイ乗り場(山上側)の5kmで900m弱、ロープウェイ乗り場から山頂までの5kmで600m強上っています。
前半の上りが特に激しかったです…
記事へトラックバック 0 / コメント 3


剣山トレイルラン

2010/08/09 01:44
最近トレイルを走りたいという欲求がにわかに強くなってきまして、勢いで今月末のトレイルの大会にエントリーしてしまいました(^ ^)
これまでロードでのトレーニングばかりだったので、大会に向けてトレイルの走り方を多少なりとも身につけないといけません。

というわけで、この土曜日に剣山でトレイルランの練習をしてきました。

まずは朝7時過ぎに高松を出発し、剣山登山口(見ノ越)へ向かいます。
狭い山道を車で延々上らないといけないので、まずここに辿り着くまでが一苦労ですね〜
車1台通るのがやっとの所でバスが対向してきた日には泣きそうになります(^ ^;

そして10時頃に見ノ越へ到着。
リフト乗り場の駐車場に車を停め、剣山山頂を目指してスタート!

神社の階段を上りきるとあとは未舗装の登山道が続きます。

じめじめと暑苦しいロードと違い、山の上は涼しいので気候的には走りやすいですね。
でもひたすら上りが続くので、心肺機能への負担は大きく体力的には結構キツいです。
急な坂やガレ場ではなかなか走れないので、歩きを混ぜながら上っていきました。

また、今回のトレーニングでは大会当日を想定してハイドレーションを背負って走りました。
初めて試してみましたが、自分の望むときに水分補給ができるので良いですね(^ ^)
1.5Lのドリンクを背負っていてもそれほど重量は感じませんし、コップやペットボトルより飲みやすいと感じました。
トレイルだけではなく、ウルトラマラソンで使っても便利そうです。

眺望の開けた場所へ出ると、四国の山々が一望できてとても綺麗でした。

剣山本宮の鳥居をくぐると山頂まであと少しです。

山頂付近の展望台に出ると、あたり一面にもやが掛かっていました。
涼しいのは助かりますが、せっかくの景色があまり見えないのは残念です。

そして剣山の山頂、1955m地点に到着。
ここまでで約3.5km。意外と近いですね。

剣山から尾根を伝って隣の次郎笈へ向かいます。
しかし剣山と次郎笈それぞれの頂上付近は急勾配で岩が多く、時間的に登山者も増えてきたので歩きの区間が多くなりました。
登山者の近くで走って万一石が転がり落ちたら危険ですものね。
やはりトレイルランナーたるもの、ハイカーの邪魔になってはいけません。
もちろん、すれ違うときや道を譲っていただく時には挨拶とお礼を欠かさないようにしました。

そして次郎笈に到着。
遠そうに見えましたが、実際には剣山から1.5km程度でかなり近かったです。

次郎笈から剣山を望む。
もやが晴れてきて剣山の山頂が綺麗に見えました(^ ^)

その後は再び剣山へと引き返し、見ノ越へと下って往復で合計10kmを走りました。
足の疲労も少なくちょっと短いかなと思いましたが、その後別の予定もあったのでこれにてトレーニング終了。
今度来る時は剣山から一の森の方へも走ってみようと思います。

トレーニングの後、トレイルラン用のシューズを買いに行きました。
剣山をDS-トレーナーで走って特に大きな問題は感じなかったのですが、ガレ場で石を踏んづけたときの感触が少し気になったんですよね。
ちなみに買ったのはノースフェイスのシングルトラックです。

これで走り込んで月末の大会に臨みたいと思います(^ ^)
記事へトラックバック 1 / コメント 4


高知・本山汗見川清流マラソン出場レポート

2010/07/31 15:54
7月25日に開催された「高知・本山汗見川清流マラソン」に出場しました。

ハーフを走るのは2月の丸亀ハーフ以来約半年ぶりです。
この暑い中、4分前後/kmのペースを維持して21kmを走り切ることができるのか?
日頃の鍛錬と精神力が試されます(^ ^)

会場は早明浦ダムのすぐ近くで、ダム前の広場が駐車場になっていました。
ここは3年前の四国うどんツーリングで記念撮影をした思い出の場所です。懐かしいのぉ〜(^ ^)
あの頃はここへ自分の足で走りに来るとは夢にも思いませんでした(笑)

今回走るのは吉野川支流の汗見川沿いを上って下る折り返しコースです。

高低差は約200m。
勾配自体はそれほどでもありませんが、暑い中10km上り続けるには計画的なランと適切な水分補給が必須ですね。

ちなみにゼッケン番号は49番です。
こいつぁ縁起が良いぜ!(笑)

この大会は去年まで10kmが最長で、今年からハーフ部門が追加されました。
参加者数も1000人近くに増え、このうち約500人がハーフにエントリー。
四国各県から多くのランナー達が集まっていて、準備運動をしていたら偶然同じ会社の人にも会いました(^ ^)

そして午前10時、ハーフマラソンがスタート!
前半は緩やかな上りで、スタート直後は4分20秒/km程度で入り、2kmあたりから4分00〜10秒/kmにペースアップしました。

暑くて序盤からかなり汗が出ましたが、2〜3kmごとに給水所があるので助かります。
欲を言えば、10km地点以外の給水所には水しかなかったので、スポーツドリンクの配置場所がもっと増えればいいなと思いました。
あと聞いた話では、水の消費が激しくて後方のランナーが着いた時にもう水が尽きていた箇所もあったそうです。

暑かったので給水所ごとに止まって水分補給したり、折返し手前の上りで少し失速したこともあって、前半の平均ペースは4分20〜30秒/kmくらいになりました。

折返し以降の下りでは前半より多少ペースを上げましたが、暑さでやられて思ったほどペースアップできません。
太陽が容赦なく照りつけ体の水分を奪っていくので、前半以上に水分と塩分補給に気を配りながら走りました。
結果、16kmあたりまでは3分50秒〜4分/km前後のペースを維持しましたが、それ以降は給水所での休憩が長くなって4分20〜30秒/km程度のペースになりました。
せめてこのペースで最後まで走りきろうと頑張ってみるものの、残り3kmは疲れで更にペースダウン。
ラストもそれほどスピードを上げられないままゴールしてしまいました…
情けなや〜(^ ^;

というわけで、今回の結果はこちら。

できれば1時間30分を切りたかったですが、今の自分の力では暑さの中で攻めの走りができませんでした。
ヘロヘロになりましたが、熱中症にならずゴールできて良かったと思います。
ゴール後に配っていただいたドリンクと冷やしトマトが本当に有り難かったです〜(^ ^)

ホント、夏場にハーフなんて走るもんじゃないと思いました…でも来月もハーフに出場予定だったり(笑)

>>

マラソンの帰りに四国うどんツーリングの時に泊まった宿の温泉に入ってきました。
露天風呂で足の筋肉をほぐしながらまったりタイム。やっぱり温泉はええのぉ(^ ^)

ちなみにゴルフで行ったので朝練のコースは走っていません(笑)
エリーゼが仕上がったら走りに行きたいですね〜(^ ^)
記事へトラックバック 1 / コメント 2


高知・本山汗見川清流マラソン結果速報

2010/07/26 01:16
本日、早明浦ダムの近くで開催された「高知・本山汗見川清流マラソン」に参加してきました。
というわけで、ひとまず結果速報をば〜

タイム:1時間32分41秒

とりあえず、夏場にハーフマラソンなんて走るもんじゃないということをよく実感できました(笑)
あの暑かったサロマでさえ「かぶり水」は浴びませんでしたが、今日は給水所ごとに冷水を浴びないと最後まで持ちそうにありませんでした。
ちなみに大会が開催された高知県本山町は、本日今年の最高気温を記録したそうです…

詳細レポはまた後日!
記事へトラックバック / コメント


サロマ湖100kmウルトラマラソン出場レポート

2010/07/04 02:50
遅くなってしまいましたが、サロマ湖100kmウルトラマラソンのレポートをお届けしたいと思います。

大会当日は深夜1時前に起床し、網走のホテルからゴール地点の常呂町スポーツセンターへ向かいました。
駐車場に車を停めておにぎり2個を食べ、バスに乗ってスタート地点へ移動。
当然バスの中では爆睡です(笑)

バスが到着してからスタートに向けて体育館で準備。
この時点ではまだ白鳥は装備していません。ある意味貴重な写真かも?(笑)

着替え完了(白鳥装備!)後、55kmのレストステーションとゴール地点へ送る荷物と、30km,60km,80kmの3箇所に配置されるスペシャルドリンクを預けました。
スペシャルドリンクの中身はリプレニッシュです。
トレーニングのロング走で試してみたところ効果が高かったので採用しました。
水分だけでなくアミノ酸や糖分、電解質を最適なバランスで補給できるというのが良いですね(^ ^)

そして迎えた午前5時。
ゆっくり昇ってくる朝日の中、サロマ湖100kmウルトラマラソンが遂にスタート!
ここから長い旅が始まります。

ちなみにコースはこんな感じ。
サロマ湖の西側をスタートし、湖畔を反時計回りに周回して東側のゴールを目指します。

スタートからしばらくは混雑していて、なかなか自分たちのペースでは走れません。
ここで無理をしてもいけないので、出だしは6分30秒/km程度で走りました。
そして混雑が落ち着いてきた辺りから6分/km程度までペースを上げ、このペースを維持して走り続けます。

こうして走っていると、ふと目の前に燦然と輝く黄金のゼッケンが!
「サロマンブルー(完走10回)」のさらに上を行く「グランドブルー(完走20回!)」の証です。
偉大なランナーに会えたことに感動し、思わず手を合わせて拝んでしまいました(^ ^)

そうこうするうちに15kmを通過。
沿道からは和太鼓の演奏でランナーを盛り上げてくださいました。
大会の運営に関わった全ての関係者、ボランティアの方々には本当に感謝してもしきれません。
このありがたさを噛み締めつつ、ひたすら足を進め続けます。

こうして30km辺りまでは6分/km前後のペースで順調に走っていたのですが、だんだん日が高くなって暑さが厳しくなってきました。
エイドごとに水分と塩分の補給をしっかり行い、適宜アミノ酸とクエン酸(NIとメダリスト)、エネルギージェルも補給します。
フルやハーフではエイドでのタイムロスがもったいなくてほとんど立ち止まりませんが、今回は立ち止まってきっちり補給することを心掛けました。
無理して最後まで持たなかったらいけませんしね。

しかしこうしていても暑さは益々厳しさを増し、足も重くなってきてペースを維持するのが困難に。
大崩れはしないものの、体力維持のためにペースを少し落としました。
それでも結構しんどいです。暑さは本当にランナーの敵ですね。

そして42.195km地点に到達。
ちょうど4時間30分ペースです。

ここから遂にウルトラマラソンの世界に足を踏み入れます。
この先は私にとって未知の領域。
果たしてどんな困難が待ち受けているのか…でも絶対100km走りきってやるぞ!

こうして決意も新たに走り続ける2羽の白鳥。
しかし暑さはさらに厳しくなり、照りつける日差しが体力と水分を容赦なく奪っていきます。

うがー!とにかく暑い!暑すぎるっちゅーねん!
ここホントに北海道?
水分を摂っても全部汗になって出ていっちゃってる感じです。
私達は自前でリプレニッシュを携帯していたからまだマシですが、エイドの給水のみに頼っていたランナー達には本当に過酷な状況だったのではないでしょうか。

その後もペースはじりじりと落ち、6分20〜30秒/kmで走るのが精一杯。
当初は親友Eさんと「レストステーションに5時間半くらいで入って、6時間までにリスタートしたいね〜」なんて言っていたのですが、そんなものはイスカンダルの彼方へ吹っ飛びました(笑)

そして半分の50km地点を通過。
ここまでのタイムは5時間25分。
しかしもはやタイムなどどうでもよく、レストステーションまでの残り5kmを走りきることに精神を集中します。

振り返ってみれば、100km走った中でこの50〜55kmが一番苦しく、とてつもなく長く感じる区間でした。
「とにかくレストステーションに辿り着けばなんとかなる!」と自分に言い聞かせながら、少しずつ足を進めていきます。
で、こんな時に限ってアップダウンが目の前に現れるわけで…上り坂では心の中で絶叫してました(笑)

そしてどうにか55km地点のレストステーションに到着。
かーちゃん、俺はやったよ!(←まだ45km残ってます)

ここで預けていた荷物を受け取り、水分と塩分を補給しまくって日陰で一休み。
足を少しほぐしてバンテリンを塗りたくり、NIとメダリストとエネルギージェルをポーチに補充しました。

不思議なことに、レストステーションで休憩しているとそれまで死ぬほど辛かったのが嘘のように治まってきました。
もちろん足は重く疲労は蓄積しているのですが、無理さえしなければまだ十分走れそうです。
ウルトラのような長丁場にあっては、途中でゆっくり足を休め、体力を回復させることも重要なのでしょうね。
結局レストステーションで30分近く休憩してから再出発しました。

>>

再び羽ばたき始めたtwo swans。
体力が多少戻ったとはいえ、足の重さは相変わらずなのでペースが上がるわけではありません。
むしろこれからさらに暑い時間帯になるので、体力と足を最後まで持たせるために無理は禁物です。
この時点で目標は「制限時間(13時間)内に無事ゴールすること」に切り替わり、7分/km程度のペースで走っていきました。
もちろんエイドではゆっくり休んで水分等を十分補給します。

こうしてジョグペースのランとエイドでの休憩を繰り返し、70km地点に到達。
気がつくと関門閉鎖まで15分弱と、あまり余裕のない状況になっていました。
とはいえここからペースを上げて途中で力尽きたら本末転倒ですし、7分/km+エイド休憩で走り続けても80kmの関門閉鎖には十分間に合いそうなので、引き続きこのペースで走ることにしました。
というか、足がどんどん重くなっているのでペースアップなんて無理です(^ ^;

そして80km地点に到達。
関門閉鎖までの時間は10分弱!一気に余裕が無くなりました。
しかし80〜90kmと90〜100kmの関門閉鎖の間隔はそれぞれ1時間30分と、80kmまでより緩い設定になっているので、ここまで来たら十分完走できそうな気になってきます。
逆に言うと、80kmを関門閉鎖までに通過することが完走への一つの目安になるのではないでしょうか。

80kmの関門を過ぎてからはワッカ原生花園を走ります。
この頃には日差しも和らぎ、だいぶ走りやすい環境になってきました。
右手に広がるオホーツク海、そして目の前には見渡す限りの草花。
本当に綺麗な風景です。

このワッカ原生花園に入った途端、私の体に不思議な現象が。

なんとこれまでの疲れが一気に吹っ飛び、ものすごく元気になってきました。
足の疲労もコースのアップダウンも全く気にならず、体も足も重さをほとんど感じません。
気持ち的には今にも「イヤッホオォォォォォウ!」と駆け出したいくらいです。
一体これは何なのでしょう。テンションがMAXぶっちぎって頭のネジが外れてしまったのでしょうか。
…「元から外れてるじゃん」とかゆーな(笑)
とにかく、全くもって不思議な状態でした。

しかし一緒に走っていたEさんの方は、この辺りから熱中症気味になり腰の痛みも出てきたらしく、かなり辛そうにしていました。
とにかく一緒に無事完走することだけを考えていたので、無理せずEさんの走りやすいペースで走り、エイドごとに休憩をして水分補給を繰り返します。
こうして90km地点までの10kmは1時間30分以上をかけて走り、関門閉鎖までの時間は7分まで迫りました。

そして90km地点でいよいよEさんが限界に。
気分が悪いのでここで休憩し、状況によってはリタイヤも考えるので先に行ってほしいとのこと。
2羽で一緒にゴールしたかったのですが、無理にペースを合わせようとして倒れたりしたら元も子もありません。
Eさんには自分のペースでゆっくり進んでもらった方が良いと私も判断し、後ろ髪の引かれる思いがしつつも先に行くことにしました。

>>

さて、長かった旅路も残り10kmとなりました。
ワッカ原生花園に入ってからの謎の元気は今も継続中。
90km地点までの10kmはペースを抑えていたので、体力も足も十分温存されています。
ならばやるべきことはただ一つ。残された力を出し切って突き進むのみ!

というわけで、一人旅となった90〜95kmは5分台前半/kmまでペースアップして走りました。
これも無理をしているわけではなく、自分の走りやすいペースで走ったらこのペースだった、という感じ。
テンションが上がっているという精神的なものだけでなく、ここに来て実際に足が軽く動くというのが不思議です。
このまま一気にゴールまで駆け抜けてやるぜ!
…とも思ったのですが、頭の中の冷静な部分が囁きます。

調子に乗って飛ばしてるけど、ただの10km走じゃないんだぞ?
今は感じてないだけで、足に疲労が無いはずないんだから…
もしゴール直前で足が動かなくなったりしたらどうすんの?


そう考えると何だか怖くなってきて、95km以降は6分30秒〜7分/km程度にペースを抑えました。
何というか、両極端ですね(笑)

こうしてワッカを抜けて最後のエイドで水分補給し、広い通りに出てラスト2kmを走ります。
ゴールの常呂町スポーツセンターが見えてきた時、いよいよゴールなんだという高揚感がある一方、この時間が終わってしまうのかという寂しさも感じました。
そして、どうゴールすればネタ的にオイシイのか脳味噌フル回転で考え始めました(^ ^)

ゴールを目指して走る間、沿道から掛けていただく声援が本当に温かかったです。
白鳥が1匹減っているのに気がついて、心配して声を掛けてくださった方もいました。
本当に、有り難くて胸が熱くなりました。

そしてゴールまであとわずか。
ゴール付近には本当にたくさんの方が詰め掛け、盛大な声援をいただきました。
この声援を聞けただけでも100kmを走ってきた価値がある、と心から思いました。
もうここまで来たら余力がどうこうなんて関係ありません。
ゴールに向けて全力でラストスパート!
応援して下さる皆さんに笑顔で手を振りながら、大声援の中を全力疾走で駆け抜けます。

最後のコーナーを曲がり、いよいよフィニッシュゲートに続く直線へ。
響き渡る声援の中、ふと白鳥を呼び止める声がしたので視線を移すと、私に向かって花束を差し出してくださる応援の方が!
感謝の気持ちをお伝えして花束を受け取り、いざ白鳥のフィニッシュモーションへ!

足の動きはスキップ気味に。
両腕を天高く掲げてはしなやかに振り下ろし、また掲げては振り下ろし。
ばっさばっさと、全身全霊を込めて羽ばたきます。
これぞ我がフィニッシュモーション!

スルーされたらどうしようかと思いましたが、アナウンスのお姉さんにツッコミを入れていただけたし、皆さんに笑っていただけたので良かったです(^ ^)

そして最後は両手を高く掲げたままフィニッシュゲートを通過!
その瞬間、なんとも不思議な思いにとらわれました。
達成感?感動?疲労?
その全てでありながら、どれでもないような…
色んな感情が綯い交ぜになって、自分でもよく分かりません。
フルやハーフでは味わったことのない感情でした。

ゴール後は水分補給と足のアイシングをしつつ、ゴール脇でEさんの帰りを待ちました。
心配していましたが、制限時間まで残り2分近くになったところでゴール前にEさんの姿が!
その姿を見た瞬間、心からほっとしました。

2羽の白鳥が再会した後、Eさんが走り方を教わってお世話になったアート鈴木さん(サロマンブルー!)と一緒に記念撮影。

今回ウルトラマラソンに初めて挑戦して、100km走る間には本当に色んなことが起こりうるんだなと実感しました。
体力の続く限りペースを維持して走り続けるハーフやフルとは違い、環境や体調に応じて臨機応変に対応することが重要なのかなと思います。
実際今回はかなり気温が高く、途中の走り方次第では消耗しきって最後まで持たなかったかもしれません。
そんな中100kmを完走できたことは多少なりとも今後の自信になりますし、ウルトラマラソンの魅力を肌で実感できてランニングの楽しみ方が増えたことは嬉しいです。

というわけで、これからもウルトラマラソンにチャレンジし続けたいと思います!
実はたちまち3ヶ月後のウルトラにエントリー済だったり(^ ^)

兎にも角にも、サロマ湖100kmウルトラマラソンに出場の皆様、本当にお疲れ様でした!
そしてスタッフやボランティアの皆様、沿道で応援して下さった皆様、そして開催を受け入れて下さった地元の皆様、本当にありがとうございました!
またサロマ湖でお会いしましょう!(^ ^)

>>

RUNNETで今回の記録を確認してみました。
10kmごとのラップタイムを見てみると、最後の10kmが2番目に良かったりします。

残り20kmで妙に元気になった理由は分かりませんが、Eさんにちらっと聞いた話ではウルトラではそういうこともあるらしいとか。
今後もウルトラにチャレンジするにあたり、ペース配分を考えるためにも調べておいた方が良さそうですね。
記事へトラックバック 0 / コメント 4


サロマ湖100kmウルトラマラソン結果速報

2010/06/27 23:39
本日開催されたサロマ湖100kmウルトラマラソンに出場し、無事完走を果たしました!

タイム:12時間25分50秒

詳細は後日レポートします。
ウルトラ初挑戦で完走できてとても嬉しいですが、色んなものを消耗してとにかく疲れました。
今夜は眠るように死にます…
記事へトラックバック 0 / コメント 5


タイトル 日 時
サロマ決戦前夜
サロマ決戦前夜 本日親友Eさんと共に北海道入りし、サロマ湖100kmウルトラマラソンの受付を済ませてきました。 いよいよ明日が本番。いやが上にも気持ちが昂ぶります(^ ^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/26 20:43
サロマ湖へ旅立ち
サロマ湖へ旅立ち いよいよ明後日はサロマ湖100kmウルトラマラソン。 高松から北海道へは直通便がありませんので、今日のうちに東京へ飛んで親友Eさんと合流する予定です。 初めてのウルトラ挑戦で緊張しますが、北海道の雄大な自然の中で精一杯羽ばたいてきます!(^ ^) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/25 16:50
日差しの下で50km(弱)走
日差しの下で50km(弱)走 この土曜日に、サロマ湖に向けての仕上げとして50km弱を走ってきました。 本番まであと2週間。当日にベストの状態となるよう直前は軽い調整になってくるので、負荷の強いトレーニングはこれが最後になると思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/14 02:05
サロマ湖ウルトラ中止の危機?
2週間後に迫ったサロマ湖100kmウルトラマラソンですが、ここに至って開催が危ぶまれているとの噂を耳にしました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/12 02:04
サロマ湖の参加案内到着!
サロマ湖の参加案内到着! 本日、サロマ湖100kmウルトラマラソンの参加案内が届きました。 いよいよ本番が間近に迫っていることを実感できますね〜 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/08 01:24
週末ロング走
週末ロング走 この週末は久々にロング走をやりました。 ウルトラマラソン向けの体作りにはロング走が欠かせないと思いますが、平日仕事の後だと走れるのはせいぜい10km程度。 週末はウルトラ向けのトレーニングができる貴重な時間と言えます。 そんなこと言いながら先週末はお酒で撃沈してましたけど(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/06 17:14
5月のRUNまとめ
5月も終わってサロマ湖100kmウルトラマラソンまでいよいよあと1ヶ月。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/01 01:58
サロマ湖に向けてロング走
サロマ湖に向けてロング走 6月27日のサロマ湖100kmウルトラマラソンまであと1ヶ月半となりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/10 01:27
本沢温泉トレイルラン
本沢温泉トレイルラン 5月1〜2日にロータス仲間達と清里へツーリングに出掛けておりまして、ツーリング後に親友Eさんと共に「本沢温泉」へ向かう登山道でトレイルランをしてきました。 (ツーリングのレポートは現在編集中です。写真が足りねぇ〜^ ^;) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/07 17:25
とくしまマラソン出場レポート
とくしまマラソン出場レポート 4月25日に開催された「とくしまマラソン2010」に参加してきました! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/04 18:47
とくしまマラソン結果速報
とくしまマラソン結果速報 本日開催された「とくしまマラソン2010」に出場しました! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2010/04/26 00:28
海部川風流マラソン出場レポート
海部川風流マラソン出場レポート 引越や入院のうちに1ヶ月近く過ぎちゃいましたが(汗)、2月21日に開催された「第2回 海部川風流マラソン」のレポートをお届けします。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/17 12:15
ランニング休止中…(T T)
明日は「第13回 岡山県ハーフマラソン選手権」の開催日。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2010/03/06 04:22
海部川風流マラソン結果速報
本日開催された「第2回 海部川風流マラソン」に出場しました! 先ほど帰ってきたところですが、体がすっかりボロ雑巾状態です(笑) ひとまず結果速報をば〜 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/21 18:03
白い秘密兵器 〜海部川風流マラソンに向けて〜
白い秘密兵器 〜海部川風流マラソンに向けて〜 いよいよ明日は海部川風流マラソン。 11月の福知山マラソンに続き、2回目のフルマラソン挑戦です。 頑張って目標の3時間30分切りを達成したいと思います(^ ^) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/20 23:06
目指せサロマンブルー!?
目指せサロマンブルー!? 先日、親友Eさんと春以降のマラソン大会出場予定について電話で語り合いました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/13 23:51
丸亀国際ハーフマラソン出場レポート
丸亀国際ハーフマラソン出場レポート 昨日(2月7日)出場した「第64回 香川丸亀国際ハーフマラソン」のレポートをお届けします(^ ^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/08 23:57
丸亀国際ハーフマラソン結果速報とか
丸亀国際ハーフマラソン結果速報とか 本日開催された「第64回 香川丸亀国際ハーフマラソン」に出場しました! 身体がかなりダルいので、今日はとりあえず結果速報のみということで〜 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/07 22:45
岡山国際サーキットを爆走!(足で)
岡山国際サーキットを爆走!(足で) この日曜日に岡山国際サーキットで開催された「第16回美作市F1ロードマラソン」に出場してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/26 23:47
大会まであと3日。でも足が…(T T)
美作市F1ロードマラソンまであと3日となりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/22 01:26
今シーズンのマラソン大会出場予定など
今シーズンのマラソン大会出場予定など 毎日めちゃくちゃ寒いですね〜 今週はこれから気温が上がるそうですが、それでも寒いことには変わりません。 皆さんは風邪など召されていませんでしょうか? 私は先週A型インフルエンザを発症してしまい、しばらく部屋で寝込んでおりました(^ ^; ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/20 01:53
2010年走り初め
今日は2010年の仕事始め。 しかしランニングの方は年末からの遊興三昧で50km走以降すっかりサボってます(^ ^; 「これはマズい!」と思い至り、今日の仕事後に遅ればせながら新春の走り初めに出てきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/05 00:12
50km走チャレンジ&3馬CAR忘年会
50km走チャレンジ&3馬CAR忘年会 昨日、2009年の走り納めに親友Eさんと50km走にチャレンジしました! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/31 18:53
疾走 in 南阿波サンライン
疾走 in 南阿波サンライン この日曜日は寒いながらも穏やかで良い天気。 前夜に飲み会があったため起床が遅かったのですが、絶好のオープン日和だったので午後からエリーゼでドライブに出掛けました(^ ^) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/23 01:43
西脇子午線マラソン大会
西脇子午線マラソン大会 12月13日(日)に兵庫県西脇市で開催された「第32回“日本のへそ”西脇子午線マラソン大会」に出場してきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/12/18 22:18
初めてのフルマラソン
初めてのフルマラソン すっかりレポートが遅くなってしまいましたが… 11月23日に開催された「第19回 福知山マラソン」に出場してきました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/09 02:27
福知山より帰還
本日「第19回福知山マラソン」に出場し、先ほど徳島へ帰ってまいりました。 詳細は追ってレポートさせていただきますが、無事完走を果たしましたので取り急ぎご報告いたします(^ ^) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/23 22:49
南阿波サンライン黒潮マラソン出場
南阿波サンライン黒潮マラソン出場 11月に入って気温がぐっと下がってきましたが、皆さんお元気でいらっしゃいますでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/11/18 02:15
淡路国生みマラソン全国大会出場
淡路国生みマラソン全国大会出場 10月18日(日)に淡路島で開催された「第25回 淡路国生みマラソン全国大会」に出場しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/31 23:46
マラソン修行
マラソン修行 昨日、親友Eさんとともにマラソンの修行に出掛けてきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2009/08/16 22:21
夕涼みRUN in 大阪城公園3時間走 リベンジ?
夕涼みRUN in 大阪城公園3時間走 リベンジ? 申し訳ありません! 8月に入ってからというもの、仕事に追われてしまい仙台ツーリングのレポートの続きがまだ完成しておりません。 そのうち必ずアップしますので、今しばらくお待ちくださいませ〜m(_ _)m ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/13 02:18
夕涼みRUN in 大阪城公園3時間走
7月11日(土)に大阪城公園で開催された「夕涼みRUN in 大阪城公園3時間走」に参加してきました。 GWに参加した山香エビネマラソン以来、2ヶ月ぶりとなる大会出場です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/17 09:34
日本一 山香エビネマラソン大会出場
日本一 山香エビネマラソン大会出場 5月4日に大分県杵築市で開催された「第12回 日本一 山香エビネマラソン大会」に出場してきました。 何を血迷ったか2日連続ハーフマラソン出場! …我ながら無茶をしたものです(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/05/07 23:55
朝霧湖マラソン大会出場
朝霧湖マラソン大会出場 本日、親友Eさんと一緒に愛媛県西予市で開催された「第18回 朝霧湖マラソン大会」に出場しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/03 23:50
芦屋国際ファンラン出場
芦屋国際ファンラン出場 4月12日(日)に兵庫県芦屋市で開催された「2009芦屋国際ファンラン」に出場してきました。 月イチ恒例のハーフマラソン出場です(^ ^) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/21 01:59
吉野川市リバーサイドハーフマラソン出場
吉野川市リバーサイドハーフマラソン出場 え〜っと、すみません。 先週のハチマル軍団新年会のレポートは、現在鋭意作成中でござります。 いましばらくお待ちくださいませ(^ ^; ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/15 23:57
丸亀国際ハーフマラソン出場
丸亀国際ハーフマラソン出場 2月1日(日)に開催された「第63回 香川丸亀国際ハーフマラソン」に参加してきました! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2009/02/06 01:30

トップへ | みんなの「ランニング」ブログ

LOTUS LIFE ランニングのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる